コラーゲンの副作用

美容と健康にいいとされているコラーゲンですが、コラーゲンは大量に摂取しても副作用はないのでしょうか。コラーゲンは動物の体内に最も多く含まれるタンパク質の一種なので大量摂取は危ないような気もするのですが、一般にはコラーゲンの副作用はないといわれています。しかし、コラーゲン商品などを選ぶ際には注意することがあるのです。一つはコラーゲンの原材料で、狂牛病の問題があり、牛由来成分のものを使用することは制限が設けられてはいるのですが、牛由来のコラーゲンの場合、それが狂牛病に対する対策がきちんとなされているか確認する必要があるでしょう。動物性コラーゲンか海洋性コラーゲンか、もしくは植物性コラーゲンと呼ばれているものか、コラーゲンにも色々な種類があるので、含有量とともに注意して選ぶようにしましょう。

 

 

また、コラーゲン注射をすることでしわをとれるというスキンケアがあるのですが、このコラーゲン注射には副作用の心配はないのでしょうか?コラーゲン注射はヒアルロン酸注射に比べ、アレルギー反応などの副作用を起こす可能性が高いといわれていることから、、コラーゲン注射をする場合はその前にアレルギー反応を起こさないかどうかテストをすることがほとんどとなります。もしテストを行わない場合は注意しましょう。また、怖いことにアレルギーテストで陰性であっても、まれに副作用が起こることがあります。どんな副作用かというと、注射した部位が痛みを伴ったり、赤く腫れる、かゆみがある、硬くなる、皮膚が変色する、皮膚潰瘍などの副作用が考えられることから、安全といわれているものでも、副作用の危険性はあるということを忘れないでおきましょう。

 

コラーゲンの副作用を避けるためには、副作用が出る可能性が少しでもある場合はコラーゲン注射などは止めるというのが無難だと思います。アレルギー反応のテストで陽性だった人はもちろん、アナフィラキーやアレルギーを持っている人や、妊娠の可能性のある人、母乳で授乳中の人、注入部分などに感染症を起こしている人、ケロイド体質の人、などは医師と相談してから慎重をきしてのぞみましょう。コラーゲン注射の副作用によって発症するアレルギーは、かゆみや赤くなる、ひどくなると水ぶくれや呼吸困難などを起こすこともありますので気を付けましょう。また、アレルギーテストで陽性だったにも拘わらず、コラーゲン注射をした場合は、吐き気やめまい、頭痛、関節痛といったインフルエンザ症候群は発疹などが発症することがあります。また、コラーゲンには血小板を固める働きがありますので誤って血管に注入した場合などは、その部位の血流に障害を与える可能性があります。皮膚の薄い部分あるいは皮膚の表層部分にコラーゲンを注入した場合、数週間〜数ヶ月にわたって注入したコラーゲンが透けて見えてしまう場合もあるということです。

そして感染リスクはどんな注射でも存在します。また、注射を刺すことによって打ち身のような状態になったりわずかな赤みを帯びることは十分にありえます。また、ヘルペスが注入部位にあった人は、注射によって再発する可能性もわずかながら否定できません。とりわけ凝固を抑えるアスピリンや非ステロイド系の抗炎症剤を使用している人は、注射を刺した部位が打ち身のような状態になったり出血したりすることがよくあるという事例もあります。

今日の美容ブームでコラーゲンにこだわる人は多いと思います。コラーゲンのドリンクを通販で買い溜めしてるなんて方も少なくないようですね。