コラーゲンを含む食材

コラーゲンを多く含む食べ物は、ゼラチン、牛筋、軟骨唐揚げ、鶏皮、魚皮、、豚足、豚耳、ふかひれなどがしられています。コラーゲン食材と食べ合わせのいいお米も効果をひきだしてくれます。有機野菜やコラーゲン食材をさがしているなら、お米も一緒に通販サイトでまとめ買いして送料をうかせちゃいましょう!
一般的にコラーゲンは年齢と共に減少していき、よく年配の方が膝が痛くて歩くのがつらい、とか肌に弾力がなくなってくる原因は身体のコラーゲンが少なくなってきているからとされています。また、年齢だけでなく、紫外線やストレス、栄養バランスの乱れの要因が重なると、コラーゲンの減少のスピードは速くなるのだそうです。コラーゲンは食べ物や料理から摂取するのが一般的で、ビタミンCや鉄を含む食べ物と一緒にとると、コラーゲンの作用がアップし、効果的とされています。また、ごまや韓国海苔などに含まれるセサミンは抗酸化作用があるので細胞の酸化を抑制させてくれます。コラーゲンの作用に直接関係はしませんが、美容や健康には不可欠な栄養素です。なるべくコラーゲンを多く含む食べ物を頻繁に摂取したいところですが、食べ物の好き嫌いがあったり、同じ食べ物に飽きてきたり、食べ物からだけの摂取はなかなか難しいのが現実です。コラーゲン入りのキャンディや飲むドリンク、サプリなど、食べ物でも食材から調理が必要なく気軽に口にできるものもありますので、その時々に応じて無理無く続けられる方法で摂取するのが良いといえますね。

 

 

また、コラーゲンを食べたからといって直ぐには効果は現れません。効果を実感するには、コラーゲンを毎日食べることが重要です。コラーゲンは加熱すると溶ける性質を持っていますので、特に骨つき皮つきの肉や魚などをじっくりと煮込んだ煮汁や、これを冷やした煮こごりを食べることが効果的な補給方法になります。そして、コラーゲンを食べるときにはビタミンCも忘れずに摂取しましょう。加えて、コラーゲンがたっぷり含まれたゼリーという、お菓子が存在しています。このゼリーは動物の骨や皮からコラーゲンを煮出して取り出したもので、さらにフカヒレも80%ものコラーゲンが含まれています。

調理方法としては、魚を丸ごと煮ておくと、冷めてから煮こごりができます。この煮こごりは魚の骨や皮にふくまれていたコラーゲンが熱で溶け出して、それが冷えて固まったものです。これは、昔からコラーゲンが豊富に含まれた料理として知られています。その他にも、貝類や、海老、ナマコ、クラゲにもコラーゲンは多く含まれていますので。鍋物や洋風のブイヤベースなども良いと思います。鍋物には、コラーゲンが溶け出していますので汁まで飲むと良いでしょう。同じようにシチューやポトフなども煮込む事で肉が柔らかくなり、たくさんのコラーゲンを摂取する事の出来る料理です。濃厚な魚介豚骨のつけ麺やラーメンが流行っていますが、このスープももちろんコラーゲンたっぷりですが脂質もたっぷりなのでご注意を!私達が食べるコラーゲンはそのまま体内のコラーゲンになるのではなく、まず、アミノ酸に分解されてから新しいコラーゲンに再合成されます。お好みに合わせて工夫してコラーゲンを効率的に摂取しましょう。

pickup

新宿でおすすめの納骨堂5選

最終更新日:2017/11/10